イベントは 終了 です

フリーランスのカメラマンって?

詳細

フリーランス協会主催のカメラマンイベントを開催します!

「えっ!そうなの!どうして?」「知らない間にルール変わったの?」「今ってどんな感じ?」

フリーランスカメラマンのルール、環境がフイルムからデジタル、リーマンショックを機になんとなく、大きく変わったような….。

さらにリーマンショック以降、写真のニーズはますます大きくなっているのに、フリーランスカメラマンである事に少し不安を感じる…。

フリーランスカメラマンのあんなことやそんなこと、情報交換しながら一緒に考えてみませんか?


今回、発注する広告制作会社、出版社の方もゲストにお呼びする予定です。

気になる仕事を発注する側の本音を聞いてみましょう!


---------------------------------------------

フリーランスのカメラマンって?

---------------------------------------------


■日時:10/12(金)20:00〜22:00


■会場:camp スタジオ(東京都新宿区四谷3−2−7第3富澤ビルB1F)


■参加費:無料


■定員:20名


■ゲスト

photographer 川島 一郎

広告制作会社 ディレクター

出版社 編集者


<こんな人にオススメ>

フリーランスのカメラマンの方(ベテランから若手まで幅広く)


<ゲストプロフィール>

川島 一郎 さん

1967年生まれ、大阪出身。

大阪芸術大学写真学科卒業後、六本木スタジオ入社3年勤務の後、1996年よりフリーランスでスタート。

雑誌、広告幅広いジャンルと環境で活動を続ける中、2003年よりフリーランスカメラマンを続けながら制作会社の写真部を預かる。

リーマンショクと同時に仕事の環境が大きく変わる中、カメラマンとしての価値観、家族を持つ一人人間としての価値観を確認すべく、制作会社から離れ、フリーランスカメラマンを続けながら家族と千葉の睦沢という田舎町で田舎暮らしを始める。

震災までの3年の田舎暮らしの中でNPO運営の学校の運営に携わるようになり、社会、家族、生活、仕事、お金についてこれまでの価値観、捉え方を見直すようになり、それを仕事の中に置き換えるべく新たに東京で再出発。

同時に将来(現)運営することになるスタジオを預かり、活用するためにフリーランスカメラマンを集いcampを設立。


ゲストからのメッセージ

「組織を作ったのはスタジオを有効活用するためでなく、自身もそうであるようにフリーランスであり続けるための社会での存在や接点を少しでも大きくすることが大きな目的でした。同時にスチールカメラマンに動画の撮影を依頼されることが増えてきたことで、チームで仕事をすること、インフラ、機材を組織が持つことも組織化のメリットに繋がり2012年よりcamp合同会社を設立。campという個人より少し大きな船に乗ることで、これまで出る事のなかった外洋(社会)に触れる事で、自分たちの仕事が社会や経済に大きく関わっている事を感じ、個人では気づきにくい潮の流れや自分が本来たどり着きたい場所、目的地に向かう術等、少しでも客観的に自分を見つめる事の力になればと思って活動しています。」

追加情報
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#369747 2018-09-12 06:06:43
過去の更新
2018/10/12 (金)
20:00 - 22:00 JST
カレンダーに追加
会場
campスタジオ(第3富澤ビルB1F)
チケット
無料チケット 満席
会場住所
東京都新宿区四谷3-2-7 日本
主催者
プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会
フォロワー数: 1,464
参加者
20

おすすめ情報

  • ANAのクラウドファンディング「WonderFLY」チャレンジャー募集中!

  • 【お得なクーポン】Oisixおためしセット50%OFF、キャリーオン全品20%OFF!

  • 日経ビジネス電子版創刊!4月25日まで全記事全動画、無料体験受付中!

  • [イベント協賛マッチング]スポンサー募集中のイベントをご紹介!

  • [特集]トレンドを学ぶ、自分を磨く。ビジネスセミナー・イベント情報

  • WEBマーケッター向けセミナー&ホワイトペーパー